TOP > 観光
観光

 椛の湖(周囲2Km)は、灌漑用人口湖として昭和25年に着工し33年に竣工しましたが、その工事中の昭和29年に原寛氏により遺跡が発見されました。 昭和32年に坂下町教育委員会主催により本格的な発掘調査が行われ、昭和49年には発掘調査の結果が報告書にて公表されましたが、遺跡の時代を裏付ける「爪型文土器」(注1)が出土するなど、人々がどのように移動生活から定住生活をはじめたかを知る上で学術的に大変貴重な資料であることが解り全国的にも注目されました。

 遺跡は、土器を科学分析した結果「狩猟による移動生活」から「定住生活」への転換期にあたる縄文時代草創期(15700~11150年前)のものであることが解っただけでなく、遺跡が二層(二つの時代)になっていることも確認されました。これは、最初にこの地に住みついていた人々がなぜか居なくなり、その後また新たな人々が住みついたことを裏付ける発見でした。 やがて(約11150年前)、その人たちも居なくなり、歴史時代(3000~2000年前)に至るまでこの地に住居が営まれることがなかったこともこの調査で解りました。

(注1) 爪型文土器 : 明治42年に諏訪湖底でも発見されていましたが椛の湖での調査により類例が知られるようになりました。

 

   写真:発掘調査中の完成前の椛の湖

椛の湖遺跡3.jpg

 

主な出土品

下層 爪型文土器、直刃削器、円刃搔器、打製石鏃、小型円形搔器、 曽根型石核

上層 縄文を施した深鉢型土器や削器、打製石鏃、局部磨製石鏃、小型磨製石斧 

                                                                                                                          

   写真  上:磨製石斧   下:有溝砥石

椛の湖遺跡.jpg椛の湖遺跡2.jpg                                            

 中津川市内の古墳は丸山古墳群・子野古墳群、阿木地区の宮の根古墳群・狐塚古墳群、坂本地区の小石塚古墳群、坂下地区では大正14年に発刊された「恵那郡史」の古墳の項でも紹介されている椛の湖古墳群・氷坂古墳群、など市内には多くの存在が知られておりますが、ほとんどは開拓・道路整備などで撤去され現在では一部しか原型をとどめておりません。 古くは火塚と称されていた椛の湖古墳群は昭和24年に発掘調査が行われ、相当な支配力のある人がいたと思われる大きな二号古墳の石室からは鑑定によると18歳~23歳くらいの若い女性の人骨1体のほか直刀・刀子・鉄鏃・須恵器高杯・馬具などが発掘され学術的にも注目されましたが、多くの副葬品とともに埋葬されていたこれほどの古墳が妙齢の女性のものであることは「中津川の卑弥呼」とでも云えそうなロマンを秘めた古墳です。 椛の湖二号古墳の石室は一般の人が立ち入ることが無いため発掘調査後60年以上経過しても当時のままに近い状態で保存されております。

    写真  上:椛の湖二号古墳と椛の湖神社   下:椛の湖二号古墳石室  椛の湖神社 005.jpg

椛の湖二号古墳.jpg 

 氷坂古墳群では昭和33年に発掘調査が行われ刀子・鉄鏃・金環一対・瑪瑙製コの字勾玉などが発見された三号古墳と25mほど離れた井上神明神社の社殿下にある未発掘の氷坂二号古墳を近くで見ることができます。

     写真   氷坂三号古墳石室   氷坂二号古墳.jpg 

 高峰山は中津川市のちょうど中央に位置し、標高944mでほとんどが市有林になります。 山頂には恵那峡方面が見渡せる山頂公園がありトイレの設備、自家発電による無線の中継施設や高峰観音堂などもあります。また、縄文時代には祭祀の場であるストーンサークル(環状列石)があったとも言い伝えられております。登山者は地元の人たちだけでなく広く愛知県方面からも多くの登山者があります。

 山頂へ行くには、鎮野峠登山口に車を止め約60分で行けます、帰りは高峰林道に降り林道を歩いて鎮野峠に戻ります。

       写真:山頂公園で美観作業をする市民ボランティアの人たち高峰山頂公園.jpg

椛の湖神社.jpg椛の湖神社は、椛の湖・中島の古墳にあり、昭和48年に建立され広島県・宮島の世界遺産・厳島神社から御神符を奉迎し、龍神大神とともにお祭りした神社で毎年4月の上旬に、安全祈願祭を挙行し、椛の湖の安全と、やさか地区で行われる観光イベントの安全と成功を祈願しております。また、昭和24年の古墳の発掘調査では20歳前後の女性の人骨一体と直刀・鉄鏃・馬具などが発掘され学術的にも注目されました。

参拝は、対岸の椛の湖広場の大鳥居から行います。 

 

 

 

天正年間に建立された古刹大流磯前神社は壮麗優雅な彫刻、絵画などが、数多くおさめえられています。境内には樹齢800年、天然記念物の大杉、大イチョウも・・・。上野薬師寺堂には本尊である、薬師如来像もあって、芸術品、天然記念物の宝庫です。

握には江戸時代初期から東向山光宗寺という寺があり、また、観音畑という地名も残っています。現在の観音堂は明治3年の廃仏令後に再建されたもので、石仏も並べ直されたものです。ここには29基の石仏が石仏が並べられ、なかでも珍しい役の小角の倚像があります。役の小角は奈良時代の行者で山岳信仰修験の祖として仰がれる人であります。

曹洞宗護国山蔵田寺には昭和40年に県の重要文化財の指定を受けた、釈迦如来像と、役の行者像を所蔵する収蔵庫があります。境内には元禄16年の名号塔、享保6年読誦塔、等たくさんの念仏供養塔があります。なかでも明治30年の四国八十八ヶ所の像を一石に刻んだものは見事です。

高さ3m巾約5mの巨大な自然石に、レリーフのように彫られた阿弥陀如来の座像、その前に地蔵菩薩と馬頭観音をともなう三尊形式のものです。とにかくびっくりする程の大きさとそのユニークな表情には思わず見とれてしまいます。今から250年あまり前の享保14年に建てられたものと見られています。

 主神は、応神天皇を祀る八幡神社。 当初は熊野権現神などを合祀する宮でしたが寛文元年(1661)に火事で神社が焼失したとき、かって関東館林から外洞に持ち込まれていた八幡神が、入れ替わりに主神としてここに鎮座したものといわれております。

 秋の大祭には、花馬を奉納する「花馬まつり」が行われますが、これは木曽義仲が平家追討のため京に向かう途中、戦勝祈念に坂下神社に参拝した折、豪雨のため木曽川を渡ることができなかったため義仲は幣を結びつけた矢を坂下に向けて放ち、坂下の村人に馬の鞍にさして代参させました、義仲はその後平家を破り征夷大将軍(旭将軍)の官位を賜った知らせを聞いた村人がこれを祝い、幣をつけた矢を馬の鞍に立て村人総出の行列を作り坂下神社へ戦勝報告をしたことから始まったとされています。 当初は戦勝記念であった祭りは今では五穀豊穣と万民平安を祈る花馬まつりとなり坂下駅を出発する花馬行列は全長100mに達し、圧巻は最後に3頭の馬の鞍にさした各365本の花串を奪いあうところ。迫力満点の勇壮な祭りです。

坂下神社.jpg

江戸時代、寛文5年(1665年)に開山万歳山長昌寺と号した。明治3年苗木県廃仏令により取り壊され、材は現在の福徳神社の場所に移され、万歳座という劇場になった。宗派は初め曹洞宗でありましたが、後に臨済宗に改宗、京都妙心寺の末寺となりました。

youyoukan.jpg 夕森公園のキャンプ・登山・自然散策の総合案内所。地元特産品やおみやげが揃っています。軽食コーナーも完備しております。

夕森公園総合案内所(YOU・遊・館)の続きを読む

kiso_gohe-.jpg 地元産米100%使用した団子型のごへーもちです。当店秘伝のごま、落花生、くるみを材料とした「たれ」を付けて焼いた味は木曽路の名物となっております。卸売り、宅配による販売も行っております。

 

木曽ごへー本舗の続きを読む

mitinoeki_goboku.jpg 木曽川の支流、川上川が眼前に流れる当駅は、木曽五木(ひのき・あすなろ・ねずこ・さわら・こうやまき)を有する山々に囲まれた静寂感あふれる駅です。館内にはその木曽五木の柱がシンボルとして建ち、建物の屋根を力強く支えています。
この地域では昔より、"絹糸のダイヤモンド"と言われる「山まゆ」を飼育していたことから、当駅では山まゆ、絹を作った機織り、染色加工等の見学が出来ます。また、古布を使った裂き織が体験できます。

道の駅 五木のやかた・かわうえの続きを読む

kirira_sakasita.jpg 食べて遊んで体験する、そんな楽しみが詰まった施設です。椛の湖高原のそば畑で栽培される良質のそばが味わえるのは「れすとらん」。「体験るーむ いやさか」では、そば打ちや栗きんとんしぼりが体験できます。売店では饅頭や地酒、木製品など地元の物産品が揃っており、東濃をまるごと楽しむスポットとして人気を博しています。

道の駅 きりら坂下の続きを読む

mitinoeki_sizumo.jpg 信州木曽路の南の玄関口にあたる旧山口村は、古くから日本の東西の文化や経済が交差する中間点です。山口には中山道の宿場"馬籠宿"があり、今なおそのたたずまいを楽しむことができます。昔の宿場に代わり「道の駅賤母」は国道19号沿いに旅籠を思わせるたたずまいのなか奥深い心のくつろぎと旅のひとときをお過ごしいただけます。

道の駅 賤母の続きを読む

ryujinnotaki.jpg 夕森には、いくつもの滝がありますが、その中でも龍神の滝は、天気、時刻により水の色が変化します。1日に7回は変わると言われる水面の美しさには、幻想的で魅了されます。夏の約1ヶ月間はライトアップもしています。近くまで車で行くことができ、龍神神社には、金運上昇、家内安全を願う参拝者が訪れます。

乙姫橋から眺める景色は格別です。木曽川の深い渕とそそり立つ荒々しい岩肌が、雄大な自然美を見せてくれます。橋の欄干にはここに伝わる浦島伝説の解説版。両岸には乙姫と浦島太郎のモニュメントが建っています。

竜宮峡乙姫岩の続きを読む

hananoko_sizen_soba.jpg 椛の湖の東には、一面のそば畑が広がっています。その面積は5ヘクタール。青い空と白い絨毯のような花畑が、見事なコントラストを見せてくれます。秋にはそばの花祭りも開催されます。

毎年、9月には「椛の湖そばの花まつり」が開催され、ステージイベント・バザー出店などがあり多くの人でにぎわいます。

椛の湖自然公園のそば畑の続きを読む

hananoko.jpg 椛の湖(周囲2Km)は、灌漑用人口湖として昭和33年に完成しました。建設中には、古墳の発掘、遺跡の発掘が行われ全国的にも話題となりました。  現在では一大観光地となりキャンプやサイクリング、テニスなどアウトドア・リゾートとして、春には桜まつり、秋には椛の木が湖畔を彩り夏は恒例のコンサート開催など四季を通じて楽しめます。緑濃い湖畔を歩けば、自然の息吹きに心身が癒されることでしょう。

 

また、日本初の野外フェスティバル「フォークジャンボリー」発祥の地としても全国に知られています、「中津川フォークジャンボリー」は、1969年から1971年まで3回開催されました。  また2009年には40周年記念「椛の湖フォークジャンボリー」が開催されました。

                   写真:2009年椛の湖フォークジャンボリー

椛の湖フォークジャンボリー 002.jpg

椛の湖の続きを読む

椛の湖(はなのこ)のほとりにあり、ロケーションは抜群!全国オートキャンプ場協会から4ツ星に指定されているだけに、 サイトは国際基準より広く電源も100Vを設置しています。管理棟には浴室や食堂があり、レンタル用品もそろっています。

椛の湖オートキャンプ場の続きを読む