TOP > 観光 > 特産品
特産品

木曽路の玄関口、木曽川の右岸に位置する道の駅。そば打ち体験などが気軽に楽しめる。また木製品や地酒などの地元特産品も販売されている。

 

道の駅きりら坂下の続きを読む

木製品の町として知られる坂下で、三代に亘ってろくろ製品を製造している小椋製盆所の小椋幸治さん。大学卒業後サラリーマンをしていましたが、生まれ故郷坂下に戻り、家業を継ぎました。「どうやら小椋家は、代々木地師の仕事を生業にしてきたようです」

木地師の里 木地師の仕事の続きを読む

中津川の人なら誰でも知っている五平餅。その名前の由来は、「五平さんが作ったから五平餅」とか、「山の神に捧げるお供えだから御幣持ち」など、諸説あります。お客様のおもてなし料理、ハレの日のご馳走だった五平餅。馬籠出身の文豪 島崎藤村の大作「夜明け前」の中には、身内だけの祝いの席の料理として登場します。

五平餅の続きを読む

「そばは、人にとって都合の良い植物であり、作物でもありますが、美味しいそばを育てるために は、環境が大切。そばは蜜蜂や花アブによって授粉するので、その虫たちが住む森、活動し易い気 候、そして生育に適した土壌が必要です」と語る、きりら坂下の三尾さん。

健全な自然環境が生み出す 坂下の蕎麦の続きを読む

世界中のアーティストが愛してやまない「Takamine」のアコースティック・ギター。この名器を生み出す高峰楽器製作所、今から半世紀ほど前に坂下で初声をあげます。2005年に創業を始めたタカミネ新工場は、CNCルーターやレーザーカッターなどの最新工業ロボットを使いながら、クラフトマンがノミやカンナを用いて仕上げ、世界最高レベルのギターを年間2万4千本ほど生産しています。

タカミネギター 技術に裏付けされた信頼のブランドの続きを読む